FXで損切後の再エントリーは1回までにすることにした。

FXのデイトレードで、1時間足以上の上位足高値ラインやキリ番から10~15pips以内のところだけでエントリー、ショートのみという新しい手法を試していますが、今のところ順調です。

FXのデイトレードで、ショートオンリー、損切10~20pips以内(ポンドクロス以外の通貨は10pips以内)を実践中な私ですが、現在のショート...

2回目の再エントリーで冷静さを欠く

ですが、最近、損切後、2回再エントリーし、両方とも損切になったことがありました。

ルール的には、2回まで再エントリーOKだったので、エントリーしたこと自体は問題ありません。

ただ、1回目の再エントリーは事前に決めたところで入ったのでよかったのですが、それが損切になった時に、やっぱり、次で取り戻したいという気持ちが働いて、2回目の再エントリーでは、いつもならもっと冷静に全体の状況や勢いなどを分析してからエントリーするところを、全くせずにエントリーしてしまいました。

また、2回目の再エントリーとなると、最初のエントリーと合わせると計3回エントリーすることになり、それぞれ候補のラインまで来るまで待つ時間があるので、いつもよりトレード時間が大幅に伸び、疲労や空腹が増しました。

2回連続して損切になったことと、疲労や空腹がいつもより増したことでより冷静な判断ができない状態で3回目のエントリーとなってしまっていました。

幸い、次の日のトレードでプラスにすることができましたが、これはよくないな、と思いました。

損切後の再エントリーは1回まで

なので、今後、損切後の再エントリーは1回まで、とルールを変更することにしました。

基本的に、私はロンドン時間でしかエントリーしませんし、1回目でプラスで終えられたら、もうチャートは閉じてトレードはしません。なので、再エントリー1回まで、ということは、2連続負けたら、その日は終了ということです。

メンタルコントロールが大事と痛感

2回分の負けなら、損切合計20~30pipsなので、次の日の1回のトレードで取り返せる可能性が高いですし、メンタル的にもそこまで負荷がない状態で次の日にトレードできます。

ですが、3回分、4回分、となると、pips的に次の日の1回で取り返せない可能性が高まりますし、メンタル的にもなんとか取り戻したいという焦りなどの負荷がかかった状態でトレードしなければいけません。

これがけっこう厄介なんですよね。メンタルに負荷がかかっていると、どうしても自分では自覚がないまま冷静な判断ができなくなったりします。

FXにおいて、メンタルをできるだけ平常に保つ、ということは大事だとは思っていましたが、今回のことでより強く実感しました。

これで、うまくメンタルコントロールしていきたいなと思います。

関連記事

最近17時台に16時台の高値を越えてからすぐ落ちることが多い。

実務翻訳は止めてFXを始めることにしました。

ロングよりショートが2倍以上勝率が良かった。

ポンドの損切を10~15pips以内にさらに小さくすることにした。

損切ライン変更は30分以降の動きを見てから判断。

私の現在のショートエントリー判断基準。