ポンドの突発的な上げは一旦節目で下がる。

今日もポンド円エントリーしました。

昨日の深夜から今日の朝9時台ぐらいまでレンジだったんですが、朝9時半ぐらいからレンジ下弦を下抜き、午後2時ぐらいに勢いよく下落、80pipsほど落ちました。

ロンドン時間開始前にこれだけ大きく下落したら、この後上げても一度は戻り売り狙いの下げが入るだろうと予測。

下抜けしたレンジ上弦付近(下落起点の高値)にはキリ番もあるので、その辺で一度下がるだろうと予測し、そこ付近まで戻ったらショートエントリーしようと、アラームを設定していました。

そしたら、16:30頃に急に爆上げでアラームが鳴り響きました。

ポンドは今日指標発表はないのに、まるで指標発表の時のような動き。

どうしたポンド。

普段私ニュースとか全く見ないので、なんか要人発言か経済的な材料が出たのかな、と思いつつも、決めていたラインまで来たので、1分足の5SMAを1分足陰線実体で下割った後、1分足直近ヒゲ高値まで戻ったところでエントリー。

上手くほぼ頂点で入れたので、50pipsほど取れました。

後からよく考えたら、あれだけの勢いで急騰してるとこでよくショートエントリーできたな、と思いましたが、エントリーラインを決めていたのと、急騰はある程度伸びて、節目でもたついたら、一旦スッと下がって、そこからまた上がるかさらに下がるかはわからない、という予想もあったので、迷わず入れたのかもしれません。

でも、ニュース番組は見なくても、FX関連サイトの経済ニュースぐらいはチェックしておかないとダメだな、と思いました。

じゃないと、単なる突発的な動きなのか、経済的材料による動きなのか判断できないですもんね。

ちなみに私は普段、指標発表時間や経済ニュースなどは「みんかぶFX」サイトでチェックしてます。初心者でも見やすくておすすめです。

・みんかぶFX
https://fx.minkabu.jp/indicators

経済ニュースに詳しい方やファンダメンタル分析を重視する方はもっと本格的な経済ニュースサイトの方がいいかもしれませんね。

 

関連記事

ロングよりショートが2倍以上勝率が良かった。

エントリーラインを決めておいての早めのエントリーがいい感じだった。

私の現在のショートエントリー判断基準。

実務翻訳は止めてFXを始めることにしました。

FXで損切後の再エントリーは1回までにすることにした。

最近17時台に16時台の高値を越えてからすぐ落ちることが多い。