発達障害者含む障害者の在宅就労支援サイトのまとめ

発達障害者やその他の障害者の在宅就労を支援してくれたり、情報提供してくれるサイトって、意外と少ないな、と思います。

近くの障害者就業支援センターなどで、在宅就労先を斡旋してくれたり、在宅就労させてくれそうな企業を探してくれたり、という対応をとってくれるのが最善だとは思いますが、

障害者の就労形態もまだ出勤が通常なので、なかなか積極的には動いてもらえなかったり、動いてもらえたとしても、在宅就労を認めてくれる企業がみつからなかったり、と困難な場合も多いと思います。

それでも、なんとか在宅就労で生きていきたい、という場合、自分でも積極的に探す必要があります。

障害者のための在宅就労支援サイトまとめ

そこで、今回、私が自力で探し出した、発達障害者やその他の障害者を対象とした在宅就労支援を実施している事業所や企業のサイトを以下にまとめてみました。

以下で、私が各サイトをさらっと見た印象を書いてみます。

あくまでもサイトを見ただけの印象なので、詳細は各事業所に問い合わせてみて下さい。

チャレンジホームオフィス

チャレンジホームオフィスは、各地域にある、発達障害やその他の障害者を対象とした在宅就労支援を行っている事業所が紹介されているサイトです。

在宅就労に必要な専門技術習得だけでなく、在宅のお仕事の提供もしてくれる事業所もあるようです。

紹介されている事業所のサイトを見た感じでは、在宅就労に力を入れているっぽい雰囲気の所もあれば、今はあまり力を入れていないのかな?と感じる所もありました。

NPO法人系は、利用無料ですが(私が見た限り)、そうでない場合は何等かの利用料や紹介料を求められる所もあるようです。

SCED NPO法人障がい者就業・雇用支援センター

SCED NPO法人障がい者就業・雇用支援センターは、サイトを見る限りは、なんとなく、しっかりとした企業を紹介してくれそうな印象を受けました。

在宅就労でさえあれば、それなりに健常者に近い能力を発揮できる!という方向けなのかな?

あくまでも、サイトを見ただけの印象なので、実際のところは全く違うかもしれません。

manaby

manabyは、Eラーニングで在宅就労に必要な専門技術習得ができ、在宅就労支援もしてくれるようです。

在宅就労ができる企業を紹介してくれるところまで支援してくれるのか、それとも企業を探すのは自分が主体でやらなきゃいけないけど、その際にサポートはしてくれる、ということなのかは、はっきりしないなと思いました。

でも企業理念やサイトの雰囲気など、全体的に在宅就労に力を入れていることがすごく伝わってきます。

ウチらめっちゃ細かいんで MECHACOMA

ウチらめっちゃ細かいんで MECHACOMAは、ひきこもりの方の支援を目的として創設された事業所のようですが、発達障害者も対象者に含まれています。

在宅就労に必要な専門技術習得は、オンラインで受講できるものもあれば、フロンティアキャリアセンターという所に通わなければいけないコースもあるようです。

いいな、と思ったのは、“仕事保証付きのWEBサイト作成講座”です。

在宅就労に必要な専門技術は教えてくれるけど、在宅就労をさせてくれる企業や仕事までは紹介してくれない、という事業所もあるようなので、しっかり、仕事を紹介してくれることを明記してくれているというのはとても安心です。

こちらの事業所も、引きこもりの方のために創設されただけあって、WEBサイト上から、コミュニケーションに困難さを抱える人への理解が感じられましたし、在宅就労支援にも力を入れている、という印象があり、魅力的に感じました。

障がい者のための在宅仕事.com

障がい者のための在宅仕事.comは、障害者の就労支援の事業所というよりは、人材派遣会社が障害者の在宅就労市場に進出した、あるいは特化した、という会社なのかな、という印象を受けました。

実際の在宅就労において、勤務時間などの管理に必要なシステムも提供してくれる、というのは、受け入れる側の企業の方にとっても助かると思いますし、その分、在宅就労を受け入れてくれる企業の数や職種の幅など、今後増えやすいかもしれないな、と感じました。

ただし、こちらは、在宅就労に必要な専門技術習得の支援はやっていないようなので、WEBサイト作成やアプリ開発などの専門職はある程度の経験が必要かもしれません。

でもあくまでも私の推測なので、詳細は確認してみて下さい。

特定非営利活動法人 JCI Teleworker’s Network

特定非営利活動法人 JCI Teleworker’s Networkは、Eラーニングで在宅就労に必要な専門技術を学ぶことができ、仕事は、こちらの事業所が受注したものを在宅就労者に紹介してくれる仕組みのようです。

こちらの事業所も在宅就労における勤務管理のためのシステムを導入しているようなので、在宅就労を受け入れる側の企業も受け入れやすい環境なのではないかと思います。

ただし、こちらのサイトはまだ作成途中なのか、問い合わせページに連絡先が記載されていません。
もう少ししたら記載されるのかな…?

障害者に限定しない在宅就労に関するサイト

東京テレワーク推進センター

東京テレワーク推進センターは、障害者に限定しているわけではないので、おそらく健常者を想定しているのだと思いますが、在宅就労をしたい人と在宅就労を検討している企業とのマッチングサイトのようです。

在宅就労に必要な専門技術の習得支援は一切ないようなので、ある程度の実務経験のあるひと向けなのかな、と思います。

Amazonの在宅コールセンタースタッフ

Amazonの在宅コールセンタースタッフは、今回の募集は終了してしまい、募集ページが消えてしまったのでリンクはありません。

Amazonでは、定期的に、在宅コールセンタースタッフを募集しているようです。

一定の条件を満たせば正社員登用もあるとか。

こちらも健常者を想定されていると思うので、やるならクローズになるのかな、と思います。

スカイプで密に連絡を取り合うようですし、おそらく苦情受付もあると思うので、ハードそうだな、と個人的には思いました。

ただ、完全に私の推測なので、やってみたら意外と大丈夫、ということもあるかもしれません。

在宅就労の呼称いろいろ

在宅就労は、在宅就業、在宅勤務、テレワーク、リモートワーク、在宅ワーク、など様々な呼称があります。「在宅ワーク」と呼称されるものは、どちらかというと内職的な内容のものを指すことが多い印象です。

まとめ

と、まあ、こんな感じでした。

以前よりは在宅就労支援の事業所も増えてきている気がします。
色々問い合わせて、自分に合った事業所、会社を選んでみてはいかがでしょうか。

必ずしも、自分の住んでいる地域の事業所でなくてはいけない、ということでもないようなので、視野を広く持って探すといいのかな、と思います。

また他にも在宅就労支援をしてくれる事業所や会社が見つかれば、随時、追加記載していくことにします。

あなたのいるところが仕事場になる ~「経営」「ワークスタイル」「地域社会」が一変するテレワーク社会の到来~

関連記事

在宅ワークの探し方。比較的安全でメジャーな、おすすめのSOHOサイトの比較。

発達障害当事者の在宅ワーク、SOHOの体験レビュー。仕事内容について。(2)デー...

発達障害当事者の在宅ワーク、SOHOの体験レビュー。仕事内容について。(1)画像...

大人の発達障害者、働き方変えてみました。

大人の発達障害者、転職してまた在宅就労をする予定。