在宅ワークの探し方。比較的安全でメジャーな、おすすめのSOHOサイトの比較。

私が在宅ワーク、SOHOに挑戦してみようと思った理由

発達障害者の方は、
なかなか一般の会社で働くことが難しい方も多いと思います。

かといって、
障害者雇用の給与だけでは、
障害者年金を受給していないと生活が苦しくなってしまいます。

また、
たとえ障害者年金の申請が通っても、
働いた年数給与額認められた障害等級によっては、
自立して暮らすことは全くできないような金額しか受給できない人もいると思います。

私の場合は、
障害者雇用で働いていますが、
自分の特性上、週に数回しか働けていません。

障害者年金も受給はしていますが、
就労継続期間が極端に短いため
最低保証額しか受給できず、

障害者雇用の給与と障害者年金の受給額を足しても、
自立して暮らすことはできません。

具体的に言えば、
食費やその他の雑費はなんとかなるのですが、
家賃を払えるほどの額は得られていません。

そのため、
在宅ワークで少しでも生活費の足しにできないかと考え、
何の知識もないまま、パソコンにかじりついて検索で探しました。

在宅ワーク、SOHOの紹介サイトは、どれが安全でメジャーなのか

すると、いくつも「在宅ワーク」、「SOHO」の紹介サイトが見つかりました。

でも、
なんとなく信用しきれない雰囲気のサイトも多く、
一体どこのサイトがいいのかわかりませんでした。

在宅ワークには詐欺も多く、
サイトによっては詐欺の仕事ばかりが掲載されている
などというネット上の情報(この情報も信頼性はないのだが)を見てしまったりして、
なんとなく信頼できないサイトに登録するのはためらわれました。

その時の経験から、

在宅ワーク、SOHOを始めたい、
在宅ワークの探し方がわからない、
どの在宅ワーク紹介サイトがいいのかわからない、
在宅ワークの仕事内容、職種はどんなものがあるのか知りたい、

といった人のために、

在宅ワーク紹介サイトについて、それぞれのサイトの簡単な特徴を説明しようと思います。

比較的安全でメジャーな、おすすめの在宅ワーク、SOHOの紹介サイト

ここで紹介するサイトはある程度知名度があり、
信頼性もありますが、
それでも、サイトによっては、
詐欺の仕事が混ざっているらしく(ネット上の噂レベルで、真偽のほどは定かではない)、
騙されてしまう人もいるらしいので、

くれぐれも、「教材費」や「準備費」などの名目で
金銭を要求してくるような案件には手を出さないように気をつけて下さい。

※ここで紹介したサイトで何かトラブルがあっても
私は責任を負いかねますのでご了承いただければと思います。

おすすめの在宅ワーク紹介サイト

 

各在宅ワーク紹介サイトの特徴

◆ Lancers(ランサーズ)Crowd Works(クラウドワークス)

  • 高度な技術や専門性を求められる仕事が多い
  • 仕事の種類が多い
  • 単価の高い仕事が多い
  • どちらかというとプロ向け
  • クライアントやワーカー側の双方の信頼性の確保に努めているので比較的信頼性が高い

 

Job-Hub(ジョブハブ)Craudia(クラウディア)@SOHO(アットSOHO)shufti(シュフティ)

  • 上記の2つのサイトよりは専門性、高度な技術を求められない。
  • 単純作業が多めだが、高度な技術を求められる仕事もある

 

◆ CROWD(リアルワールドクラウド)YAHOO! クラウドソーシング

  • 単純作業が多い
  • 小遣い稼ぎ的な仕事が多い

 

Lancers(ランサーズ)、 Crowd Works(クラウドワークス)は、
経験や実績がないと、仕事に応募しても選ばれないことも多いです。

そういう場合は、
あえて単純作業の仕事をして実績と信頼を作ってから、
高度な仕事に応募
するとか、

あるいは、Lancers(ランサーズ)、
Crowd Works(クラウドワークス)以外の上記紹介サイトで実績を作り、
そのポートフォリオ(作品集のようなもの)を作ってから
チャレンジ
する

などの工夫をすると仕事の受注率も上がると思います。

在宅ワーク紹介サイトを利用しない方法

在宅ワーク紹介サイトを利用しない方法としては、

どの地域にも、
障害者職業センター」のような、
障害者の相談を受けて仕事を紹介してくれる事業所があるはずなので、

そこで相談し、
その際に、「在宅で仕事をしたい」と伝える
と、
就職先の担当者の方が在宅で仕事をすることを許可してくれるという、ありがたい場合もあります。

実際に、同じ発達障害者の知人は、
一年以上、目立った欠勤もなく通勤して、
仕事も真面目に取り組んだ結果、就職先の担当者の方から信頼を得て、
「特性や体調の面から、在宅勤務にしてもらえないだろうか」と相談すると、
快諾してくれたといいます。

もちろん、あまり多い事例ではないと思いますが、
きちんと信頼を得てから、ダメ元で相談してみる価値はあると思います。

なお、「障害者職業センター」(名前は地域によって違うと思う)のような
障害者に仕事を紹介してくれる事業所の所在は、
ハローワークへ電話をかけて教えてもらったり、
市のホームページ上に記載されていたりします。

関連記事

やっと新しい在宅の仕事に慣れてきました。

大人の発達障害者、働き方変えてみました。

発達障害当事者の在宅ワーク、SOHOの体験レビュー。仕事内容について。(1)画像...

大人の発達障害者、転職してまた在宅就労をする予定。

発達障害者含む障害者の在宅就労支援サイトのまとめ

発達障害当事者の在宅ワーク、SOHOの体験レビュー。仕事内容について。(2)デー...