発達障害者こそ、スキルアップとしてエクセルVBAを勉強した方がいいと思う。

発達障害者は、仕事が長く続かないので仕事のスキルが身に付かない

私は、知的障害のない発達障害者で、
現在は障害者としてアルバイトをしていますが、

別の記事でも書いている通り、
いくつかの一般の会社で、定型発達者として働いていた時期もありました。

でもいつも、
コミュニケーションも仕事自体も壊滅的にできないことから、
同僚に嫌われたり、
自分のあまりのできなさに精神的に追い詰められて、
体調を崩して全く働けない状態になったりで、

転職しても、どの職種も1年持ったことはありませんでした。
最長が6か月です。
圧倒的に短いですよね。

とにかく毎日会社に行って、
周囲の冷たい視線の中、できない仕事やコミュニケーションを
なんとか自分のできる限り精一杯頑張って、
帰ってくると、疲れ切ってただ泥のように眠るだけ、、、、

そんな日々だったので、
もう30代ですが、
たとえば転職の際などに自分でアピールできるようなスキルが何もないです。

今まで事務職だったので、資料作成、電話応対できます。

とか、

営業経験あります、接客できます、

など、普通、30代にもなれば何かしらのスキルが身についているはずですが、
最長6か月しか働いたことがないので、
仕事を続けているうちに自然とその職種のスキルが身に付く、
ということがありませんでした。

スキルがない障害者である自分がいつまで雇ってもらえるのか

今はありがたいことに、障害者として、
データ入力のアルバイトをさせてもらえていますが、
いつも、

何のスキルもない、コミュニケーションもできない自分が
いつまで雇ってもらえるのか、

この仕事がなくなったら、
次の就職先を探そうにもアピールできるスキルが何もない。

という不安が常にあります。
障害者雇用なら、簡単に見つかるんじゃないの?
と思う方もいるかもしれませんが、
障害者雇用は、募集が圧倒的に少ないので、
なかなかすぐには見つかりません。

また、今は、障害厚生年金を受給できていますが、
これも永年ではなく、2年毎の審査によっては減額される可能性も十分にあります。
今でさえ、障害年金の受給額とアルバイトの給与を合わせても自立はできない金額なのに、
これで障害年金を減額されたら、生活はさらに苦しくなります。

今の日本は財政難を理由に社会保障費を削減する方向に向かっているので、
障害年金の適用基準の変更などが行われ、受給自体も危うくなるかもしれません。

なぜエクセルVBAなのか

前述のように、常に不安があった私は、
なんとか、自分にもできるスキルアップはないかと考えました。

仕事で役立つスキル、と考えた時に、
仕事で重宝されるのは、
仕事を、その質を落とさずにより効率的に、
短時間で完了できるスキルではないかと考えました。

そこで、
真っ先に思いついたのが、

プログラミング言語の一種、エクセルVBA

でした。

なぜなら、
エクセルVBAのスキルがあれば、
表作成やデータ入力の自動化など、エクセルを使用した様々な作業の
自動化が可能で、仕事にかかる時間を圧倒的に少なくできると聞いたことがあったからです。

実は以前から、
今は在宅ワークは単価の低い単純作業しかしていないけど、
ゆくゆくは、WEBデザインの技術を独学で身に付けて、
在宅ワークマッチングサイトでホームページ作成の仕事を
受注できるようになりたいという、目標がありました。
(もちろん、平日のアルバイトは続けながら)

その際に、WEBデザインは純粋なデザインスキルだけでなく、
Java scriptやPHPなどのプログラミングスキルも必要だということを
強く感じていたので、時間を見つけてプログラミングの勉強がしたいなと思っていました。

また、知人からエクセルVBAのスキルを仕事にいかしている話を聞いたり、
ネット上で職業プログラマと思われる方が、

「全くの初心者が手軽に、今すぐに始められ、かつ仕事にすぐ活かせるプログラミング言語は、
エクセルVBAぐらいだ。

なぜなら、他のプログラミング言語は実際にプログラムを動かすための環境を整えることが
初心者にとっての大きなハードルだが、

エクセルVBAなら、会社や自宅のパソコンにエクセルさえ入っていれば、
今すぐにプログラムを実行できるし、

たいていの会社なら、資料作成や顧客管理などで何らかのエクセルを使用する作業が
あるので、その作業に、エクセルVBAのスキルはすぐに活かすことができる」

というような趣旨のことをブログに書かれているのを見たことがあり、
それが後押しとなり、勉強するなら、エクセルVBAにしようと思ったのでした。
まず、エクセルVBAを勉強し、仕事に活かしつつ、
それでプログラミングの基礎が身に付いたら、
Java scriptやPHPなどの、ホームページ作成に必要なプログラミング言語も勉強しよう
という計画を立てたのでした。

ただ、その後、色々と忙しく、
エクセルVBAの勉強はできずにいたのですが、
突然、アルバイト先でエクセルVBAのスキルが必要な作業が発生し、
いよいよ、エクセルVBAの勉強を始めました。
(その時のいきさつは、こちらの記事の前半に書いてあります。→エクセルVBA初心者におすすめの入門本のレビュー

発達障害者だからこそスキルアップを

発達障害者で仕事をされている方の中には、
私ほどではなくとも、

仕事がなかなか覚えられなかったり、
同じミスを何度もしてしまったり、
発達障害特有のこだわりで臨機応変な対応ができなかったりして、

何かと職場の同僚から反感をかったり、疎まれたり、
同僚からは何も言われていなくても、
自分のあまりのできなさに肩身の狭い思いする

という方も多いのではないかと思います。

そんな時、仕事のちょっとしたエクセルを使用する作業を自動化して、
今までより圧倒的に早く資料作成を完了させてみたり、
同僚と共通で使用しているエクセルの表を自動化して、お互いに作業が楽になるようにしたり、

ということができれば、

「あいつ、こだわりが強すぎて扱いずらいと思ってたけど、
こういう時はちょっと助かるな」

とか、

「コミュニケーションはだめだけど、ちょっとした資料作成なら早くて助かるな」

というふうに、今までの同僚からのマイナス評価を
ほんの少しでもプラスに変えることができるかもしれません。

つまり、自分のこだわりやコミュニケーションの困難さなど、
発達障害特有のマイナス面をプラスに変えるのは難しくても、
エクセルVBAというスキルを伸ばしていけば、それにより、
自分にはなかったプラスの面が加わり、
全体の評価として、プラスにしてくことができるのではないかなと思うのです。

要するに、欠点をなくそうとするのではなく、
他の部分で補っていくとう考え方です。

様々な仕事上のマイナス要素を抱えている発達障害者だからこそ、
それらのマイナス面をカバーできるようなスキルを身に付けることが必要だと思うのです。

そうすることが、スキルアップにつながり、
そうしたスキルがあれば、
万が一、

同僚とどうしてもうまくいかなかったり、
給与があまりにも低い、

といった理由で今の仕事を辞め、転職したいと思った時にも、
自信を持って転職活動に臨むことができるはずです。

エクセルVBAはそんなに難しくない

私はまだ、エクセルVBAの勉強を始めたばかりですが、
既に、ちょこちょこ仕事で活用しています。
私はただのアルバイトなので、そんなにたいしたことはやってないんですが、
でもちょっとしたエクセルの作業でもそれを自動化するだけで、
ものすごい時間の短縮になります。

今までいちいち、手動で同じ作業を繰り返して、時間も手間もかけてやっていた作業が
ボタン一つであっという間にできてしまうのは、本当に爽快です。

私は、学生時代に数学で赤点を取り続けたほどの数学オンチで、

プログラミングなんて、きっと数学的センスが必要だから、
自分には無理だよな、、、

なんて思ってプログラミングに挑戦するのを諦めていた時期もありました。

でも今は、

なんでもっと早く挑戦しなかったんだ!

と思っています。
それぐらい、仕事に取り入れるのが、想像とは反して簡単だったからです。

プログラミングと聞くと、どうしても構えてしまって、すごく難しそうに感じますが、
それは、ソフト開発やシステム開発等、プログラミングを専業にされている方の話であって、
言語もエクセルVBA以外のもっと難しいプログラミング言語を使います。

一方、エクセルVBAは、多くの方が本業の補助的に使うものなので、
そんな難しいことは考えなくても大丈夫なんです。

例えば、

このエクセルのシートを12個コピーしたいから、この構文のここに12って入れよう。

みたいな感じでできちゃうわけです。

実際には「For…next構文」というのを使ったりするんですが、それは自分で考えなくても
エクセルVBAの逆引き辞典があれば、ほとんど全ての構文が載っているので、それをそのまま使うか、
ちょっと数字を変えてやればいいだけです。

どおりで、数学的センスゼロな私にもできたわけですね。(*´ω`*)

私のおすすめの逆引き本レビューはこちら→エクセルVBA初心者におすすめの逆引き本レビュー

エクセルVBAを学んでよかったこと

エクセルVBAの勉強を始めて、
何もスキルのなかった自分が、スキルと呼べるものを多少なりとも身に付けつつある
というのもすごく嬉しかったですし、
時間のかかるめんどくさい作業を一瞬で終わらせられる
というのもすごく嬉しかったんですが、

一番うれしかったのは、
同僚に、

すごいね!
助かる!

と言ってもらえたことです。
単なるお世辞だったかもしれませんが、
たとえお世辞でも、私は同僚にそんな風に言ってもらえたのは初めてでした。

今までは、仕事もコミュニケーションも失敗ばかりで、同僚から冷たい目で見られたり、
悪口を言われたりすることばかりでしたから、
これは、本当にものすごく嬉しかったです。

自分にも、人に喜んでもらえるようなこと、
必要としてもらえるようなことができるんだ!

と、今までは仕事上で一度も感じることができなかった、
ささやかな自信を持つことができるようになりました。

なので、仕事上で何か自信を無くしている方、
今よりスキルアップして、もっと給与の高い会社に転職したい、

などと思っている方々は、自分には無理、と諦めずに、

こいつにできたんなら私にもできるかも!

と思って、ぜひ気軽にエクセルVBAにチャレンジしてみてほしいなと思います。

私のおすすめのエクセルVBA入門本レビューは
こちらの記事の中間ぐらいから書いてあります→エクセルVBA初心者におすすめの入門本のレビュー

【私のおすすめのエクセルVBA入門本と逆引き本】

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA 基礎編

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA コントロール・関数編

かんたんプログラミング Excel 2010 VBA 応用編

できる逆引き Excel VBAを極める 勝ちワザ700 2010/2007/2003/2002対応 (「できる逆引き」シリーズ)

関連記事

大人の発達障害者、働き方変えてみました。

発達障害者は全力回避すべき、タメ口の甘い誘惑。

発達障害者の適職は? 当事者が思う向いている仕事、職種(1)

大人の発達障害者、転職してまた在宅就労をする予定。

発達障害者の適職は? 当事者が思う向いている仕事、職種(3)

エクセルVBA初心者におすすめの、エクセルVBA入門本、参考書「かんたんプログラ...