いわゆる「コミュ障」って軽度発達障害だと思う。

ネット上では、

「おれ、コミュ障だから~」

なんて書き込みをよく見かけます。

コミュ障とは、コミュニケーション障害の略だと思うんですが、
これって、診断がつくほどではないけど、限りなく軽度の発達障害特性を持っている人の症状ではないかなと
私は思っています。

自閉症スペクトラム」という考え方でいうところの、
発達障害特性の濃度がすごーく薄いところに位置するような軽度発達障害者なんではないかなと。

そもそも、自閉症スペクトラムという考え方でいくと、
現在「健常」とされる人にも実は発達障害特性はあって、
ただその特性の濃度が限りなく薄くて、「性格」の範疇に収まる程度の人を「健常」とし、単なる「性格」の範疇に収まりきらないほど特性の濃度が濃く表れ、それによって何らかの社会生活に支障がある場合が、「発達障害」とされるということであったと思います。

要するに、発達障害特性を全く持っていない人は存在せず、誰しも発達障害特性は持っている。
だけど、その特性の濃度が濃いか薄いかで社会生活に支障をきたすかどうかが変わってくる、
ということですね。

私は社会生活に支障をきたしている発達障害当事者として、
この、自閉症スペクトラムという考え方が一番すんなり理解できるというか、
無理を感じないというか、
「発達障害」に対して最も本質をついた考え方な気がしています。

ただ、だからこそ生じてしまう問題があって、
発達障害特性を持っているけど、その特性が「性格」の範疇に収まる程度の人、
要するに健常とされる人が、
発達障害特性が社会生活に支障をきたすほどのレベルである発達障害者とされる人に対して、

「そんな、会話が苦手とか人間関係がうまくいかないとか、俺(私)だってあったけど、
そんなの努力でなんとかしてきた!
だからそんなのは病気でもなんでもない、ただの甘えだ!努力不足だ!」

と言い出すわけですね。
つまり、発達障害特性が努力でなんとかできる程度の軽度な人でも、もっと重度な人でも、
抱えている問題の本質は共通しているがゆえに、

「自分だってお前と同じ問題を抱えているけど、俺は努力で乗り越えてきたんだ!」

と上から目線で説教をされてしまうわけです。

私、そんな人を見るとですね、

いやいやいや、と。
ちょっと待ってほしい、と。

あなたが背負っているその荷物、それ中身発砲スチロールじゃないですか?
でも私が背負ってるの、同じように見えて実は中身、なんですよね。
見た目一緒の荷物でも、重さ、ぜっっんぜん違うんですよね、、、、。

てな感じで苦笑いしつつ諭したい。
全力で諭して差し上げたい。

そんな生暖かい気持ちでいっぱいになってしまうんですね。
胸が張り裂けそうなほどの、この生温かい気持ち、、、、
届けこの生温かい気持ち!

仕事がしたい! 発達障害がある人の就労相談

関連記事

発達障害者の共感性の低さによって生じる、物事の感じ方、捉え方の違い。

「こだわり」のコントロール方法。単純だけどわりと実践でうまくいった方法。

発達障害小学生時代。女子の会話より外で遊びたくて男子が羨ましかった話。

発達障害者は挨拶ができない? 挨拶のタイミングと回数。

【発達障害】アイドルに興味がなくて会話についていけなかった話。

大人の発達障害者ですが、会話力(雑談力)が多少発達した気がする。