発達障害者は挨拶ができない? 挨拶のタイミングと回数。

挨拶という行為は、未だに解けない謎に溢れています。
ミステリアス過ぎて、もはや神秘的な域に入っています。

マヤ文明、ナスカの地上絵、マチュピチュの天空都市、、、、
そして挨拶

私は、全部同じカテゴリーに入れています。

今日、またしても、その謎の一つに遭遇しました。

同僚A 「おはようございます。」

同僚Aが私の席から横に3メートル先のドアから入室してきました。

私 「おはようございます。」

私は、同僚Aの方に顔を向け、周囲の同僚と同じタイミングで挨拶しました。

同僚Aは入室してきたドアの近辺の同僚と簡単に会話をしてから、私の席の通路を挟んで隣の席に着く。

私の中では、挨拶はもう完了しているので、仕事に集中してしました。

すると、同僚Aが私の顔を覗きこむようにして、

「おはよう」と声をかけてくれました。

私は驚きつつ、「おはよう」と返しました。

【 この時の私の脳内 】

え、さっきしたのにもう1回言うべきだったのかな?

最初に言った時、互いに視線をしっかりと合わせて言ったわけではないけど、
近距離だし、真正面だし、

私が挨拶した様子は視界に入っていたと思うのだけど、、、、。

まさか、、、

まさか、挨拶とは、入室時に1回、着席時に自席の周囲にもう1回、計2回言うのが常識、、、なのか??

その後、1時間ほどは、仕事をしつつも、頭の中では答えの出ない疑問がぐるぐると回り続け、
完全に、上の空状態でした。

挨拶は、2回言うべきなのか。それが常識なのか。

今もまだ解けない謎であります。

アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク

関連記事

発達障害者の仕事終わりの疲労度は尋常じゃない。

発達障害者は空気が読めないというより、読めても対処ができないのである。

発達障害者の働き方。

発達障害者は「教えられたこと」は絶対破れぬ規則となる。

発達障害幼稚園児時代。色の認識分別が細かすぎる。

【発達障害】アイドルに興味がなくて会話についていけなかった話。